HOME > 水で冷え対策

水で冷え対策

イメージと真逆の水の効果

浄水器を取り付ける事によって、水道水よりもミネラル成分を多く摂る事が出来ます。
このミネラルは美容や健康面にも良く効く成分で、女性に多い冷え性にも有効だと言われています。
冷え性は万病の元、とも言われていて関節リウマチや腎炎、膀胱炎や腹痛、腰痛に貧血の原因になります。
また女性であれば月経異常、子宮内膜症と言った怖い病気にかかりやすくなります。
そんな恐ろしい冷えですが、水とどんな関係があるのでしょうか?
まず冷えと水、という言葉を聞くと「水を飲むから冷える。」と言う事を連想してしまいます。
しかし実際は全く逆なのです。

冷え性女子

冷えのメカニズムを理解し水を味方に

採血

まず先に冷えが起こるメカニズムですが、冷えは末梢部まで血液が届かない事で徐々に冷えていくのですが、それは体内の血液がドロドロになっているからなのです。
そのドロドロの血液を作ってしまう原因が水分不足です。
その為、適度に水を飲む事により体内に巡っている血液がドロドロになるのを防ぎます。
更に、浄水器に含まれているミネラルは血管をしなやかに保ち、外側から血液の流れをサポートしてくれるのでそれによってドロドロの血液になる事を防ぐ事が出来ます。
血液中の老廃物を排出してくれる効果もあるので冷え性の改善はもちろん、血流が悪くなる事で起こってしまうむくみも改善してくれます。

水で基礎代謝アップ

ダイエット

また水は体温よりも低い為、身体が冷えない様にと熱生産を増やします。
それによって身体が温まり交感神経が刺激されて基礎代謝がアップするとも言われています。
水を適度に飲むだけで冷え性の改善にむくみの解消、そしてダイエットの効果も期待出来るのです。
但し、これらには注意しなければいけない事があり、それは冷たい水では無く常温の水を少しずつ、こまめに飲む事です。
一気に冷たい水を飲むと腸や胃に刺激があるだけでは無く、胃腸機能そのものが低下して下痢や吐き気を起こしやすくなります。
これが重症化すると水毒症という症状が出てしまう可能性もあります。

先頭へ戻る