HOME > 海洋深層水について

水の科学2

女性イメージ

海洋深層水ってナニ?
販売されている水の種類の中には海洋深層水というジャンルの水があります。この水は海の水面から200m以下の層(深層)にある水を脱塩処理したもので、表層の海とは違い、無機栄養塩(窒素、リン、ケイ素など)やミネラルが豊富に含まれていて、水温も年間を通して低音で安定しているという特長を持っています。

氷を作った時に出来る白いものの正体

お茶はだめ

深層水は表層と違い、生活排水や産業排水などの影響を受けておらず、太陽光が届かない為にプランクトンなどが成育せず、病原菌やウイルスといった有害な雑菌等も表層水と比べて1/1000とはるかに清浄な環境です。

無機栄養塩やミネラルが豊富

コップの水

太陽光が届かない深層水には植物性プランクトンが極端に少なく、表層から沈殿してきた魚類の死骸がバクテリアによって分解された無機栄養塩類やミネラルが消費されずに豊富に残っています。

深層水は低温で安定している

浄水イメージ

深層水は太陽光が届かないので低温のまま水温が保たれています。
これは表層水と深層水の間に水温躍層と言われる急激な温度の差がある層があり、
これが壁となってお互いの水が混ざり合うのを防いでいます。
深層水の温度は平均で8.5度程度と一定して低温です。

湧昇(ゆうしょう)と呼ばれる海洋深層水

浄水イメージ

湧昇(ゆうしょう)と呼ばれる海洋深層水が自然に表層まで湧きあがってくる場所あがあります。
ここには海洋深層水に含まれる無機栄養塩によって植物プランクトンが増え、さらに植物プランクトンを餌に動物プランクトンが増える事によって魚介類が豊富な漁場になるのです。
日本では高知県の室戸岬や伊豆大島などに湧昇があります。

飲料水として以外に使われる海洋深層水

浄水イメージ

生物にとって栄養豊富な海洋深層水は飲料水だけでなくミネラルを豊富に含んだ天然塩や化粧水、入浴剤といった美容関係の商品や、
医療分野では海洋深層水のミネラルバランスが人間の体液に近いところから臓器の保存液として利用する研究が進んでいます。
他にも低温なことをりようして、大型機械の冷却や表層と深層の温度差を利用して発電を行う研究も進んでいます。

先頭へ戻る