HOME > 浄水器のいい話2

浄水器のいい話2

生水イメージ

生水のイメージ、いい?悪い?
皆さんは生水(なまみず)という言葉を知っていますか?
煮沸していないそのままの水という意味で、井戸水や湧き水、水道水などもそうなのですが、どのようなイメージを持っているでしょうか?
海外などでは生水は飲むなと言われている所から危険なイメージを持っているのではないでしょうか?

煮沸した水のいい、わるい

沸騰した飲み物

多くの人が水を飲む場合ミネラルウォーターを買って飲んでいるかと思います。
ですが、ミネラルウォーターは殺菌の為に過熱処理をしているものがほとんどなので、生水ではないのです。ではなぜ生水がいいのでしょうか?
水が沸騰するとボコボコと泡が出ます、これは水に含まれる酸素や炭酸ガスなのです。沸騰させる事は塩素を抜いたり、殺菌する為にはいいことなのですが、このように沸騰させた水は酸素などを含んでいない「スカスカな水」なのです。

生水を飲む子どもは野菜嫌いになりにくい?

野菜

小さい頃から甘く味付けされた飲み物ばかり飲む子どもよりも、水を飲む習慣のある子どもの方が、野菜嫌いが少ないという研究結果が出ています。
これは、人工的に作られた味の強いものに慣れてしまい、野菜本来のうま味に対して鈍感になってしまうからなのだそうです。

安全な生水を飲むために必要な浄水器

浄水イメージ

そうは言っても湧き水も井戸もなかなか近くにはありません。だからといって諦める必要はありません。
手軽な生水を飲む方法は蛇口をひねるだけで飲めます。しかし塩素やトリハロメタンなど、水道水をそのまま飲むには不安が沢山あります。
そのため浄水器は現代の生水を飲むためには必須のアイテムと言えます。

先頭へ戻る