HOME > 浄水器のいい話5

ウォーターサーバーの欠点について

お金と住まい

ウォーターサーバーは健康的でおいしい水やお湯をご家庭でいつでも手に入れることができることを始め様々な魅力的なメリットがあります。
ですが、その反面設置することによる多少の欠点も無い訳ではありません。
ウォーターサーバーを導入することによって出てくる欠点として挙げられるのが
まず、水の購入にかかる費用以外にもサーバー機器のメンテナンス費用やレンタル費用や電気代といった料金が月々に別途かかってくるということです。
サーバー機器のメンテナンス費用やレンタル費用は比較的安く収まるか、もしくはほぼ無料であるようなところもありますが、電気代に関してはそのサーバー機器を24時間ずっと稼働させなければならなくなるために割高になりがちです、具体的な金額で言うと月に1000円の電気代がかかるとされています。
しかし最近では省エネ機能の付いたサーバーを用意してあるところもあり、これによって電気代も安く済むようなところも出てきています。
次にウォーターサーバーの欠点でよく言われているのが、設置スペースをある程度取るということです。
サーバー機器自体はそれほどの大きさではないのですが、実際に利用するとなると冷蔵庫などと同様に、それよりも余分にスペースを作っておく必要性が有り、さらに熱源のある所付近・屋外・直射日光が当たる場所・湿度の高い場所には設置する事ができないという条件などもあり、設置するにあたり問題がでてくる可能性もあります。
しかもウォーターサーバーを利用する際は、契約上1ヶ月に最低でもボトル2本(24リットル)以上からの宅配になっていたりする場合があるなど、お子さんのいる家族などには便利かもしれませんが、一人暮らしなど家に住む人数が比較的少数である場合にはコストの面で考えた場合に向いていないこともあります。
 

煮沸した水のいい、わるい

ウォーターサーバーの業者を比較してみる

水を飲む事というのは健康にも良いということは皆さんも知られていられると思います。
ですが、いくら水道水の品質が向上してきたといっても地域によっては水道水の味があまり良くない事もあります。
その為、わざわざミネラルウォーターを購入しているという方も少なくはないでしょう。
しかし、水というのは人が生きていく上で必要な為、消費量の多い飲料ですし、人によってはお料理をする際にもミネラルウォーターを利用しています。
その為、ミネラルウォーターを定期的に買いに行く必要があり、それには何かと手間が掛かる上に重量もあり大変な作業でもあります。
そういった手間を省きたいという時に役立ってくれるのがウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーを利用する事で業者の方から水を家まで配達してもらう事ができますので、手間暇を掛けずに美味しい水を手に入れる事ができます。
また、味の良さも然る事ながら、安全性も高い水ですので安心して飲む事ができます。
実際にウォーターサーバーの業者を利用する場合には業者の比較を行ってみる事が大切です。
比較ポイントとしては、まず水の味や質が挙げられます。当然ですが業者ごとに違った水を取り扱っていますので、お試し期間を利用するなどして実際にチェックをしてみる事が大切です。
また、比較サイトもありますので、そういったサイトで情報を集めてみるのも良いでしょう。
こういったサイトの場合は味や品質だけではなく、料金の比較も行っているので一つのポイントです。
業者ごとに水に対しての料金設定が違いますし、業者によっては条件によってはサーバーのレンタル費用や水の宅配送料が掛かる事もあります。
費用に結構な差が付く事もありますので、特に費用を抑えたいという場合には生活スタイルや家族の人数によっても違いが出てきますので比較が必須と言えます。

ウォーターサーバーの比較をしてみる

水イメージ

ミネラルウォーターをいちいち店まで買いに行かないでも、電話やネットで注文すれば重い水もすぐに届けてくれるためウォーターサーバーはとても便利です。
サーバーと替えの水を置く場所をとるのがネックですが、小さな子供がいたりする場合、中々買い物にいけないご家庭や、子供を連れて重い荷物を持つのも大変だと思われているご家庭などには重宝しているようです。
しかし、最近、ウォーターサーバーの契約に関する問題が多く発生しているようです。ミネラルウォーターをいちいち店まで買いに行かないでも、電話やネットで注文すれば重い水もすぐに届けてくれるためウォーターサーバーはとても便利です。
サーバーと替えの水を置く場所をとるのがネックですが、小さな子供がいたりする場合、中々買い物にいけないご家庭や、子供を連れて重い荷物を持つのも大変だと思われているご家庭などには重宝しているようです。
しかし、最近、ウォーターサーバーの契約に関する問題が多く発生しているようです。

ウォーターサーバーの水垢やカビ等の不安

カビイメージ

近年の健康ブームで、自宅の飲料水にも気を使う方が多くなっています。
一昔前までの各家庭では水道水の水をそのまま飲むのが当たり前でしたが、現在では浄水器をつけているのが当たり前、市販の天然水の売り上げも上がっています。
また、最近はウォーターサーバーを導入する家庭も増えてきています。
ウォーターサーバーを簡単に説明すると、サーバー内のタンクの水を、電気の力を利用し、水を冷やしたり温めたりする事の出来る機器の事です。
このウォーターサーバーに水の入ったボトルをセットすることで水が自動的にタンクにたまっていく仕組みで、各メーカーと契約することで水の入ったボトルやサーバーをレンタルします。
しかし、気になるのが衛生面の問題です。水を使い切ったボトルは、業者が回収したり使い捨てタイプを採用していたりするので、衛生面での問題は小さいです。
しかし、サーバーは毎回取り替えてくれるものではなく、タンク内と水を輩出する経路等のカビや水垢が気になる人もいるでしょう。
実際、市販の天然水の場合を除くと、こういった常に水を使用する器具の場合、どうしてもカビや水垢の問題が発生してきます。
特にペットボトルのミネラルウォーターは直接口をつけて飲んだ場合は雑菌の繁殖の問題も出てきます。
ウォーターサーバーであれば大半の業者は定期的にメンテナンスを行っています。
サーバー自体の交換するのか、掃除をするのか、業者によって様々です。
どちらにしろ、サーバーの衛生面の問題もそれほど心配するモノではありませんが、前述の通り、タンクの水が無くなる度というわけではないため、自分でも軽い掃除などの手入れが必要です。
例えば、ボトルの差込口やその周辺部分、蛇口や受け皿をタオルでふき取ったり、アルコールで掃除したりするだけで、カビや水垢といった汚れを防ぐことができ、衛生的で安心した水を飲むことができます。
手間がかかるほどではないので、日常の食器洗いや掃除などと同じような感覚でメンテナンスすることが大事です。

 

先頭へ戻る