HOME > 水の硬度の違い

水の硬度の違い

浄水器

日本と海外のミネラルウォーターの違い
日本の水は軟水なのに対して海外のミネラルウォーターはミネラルを多く含む硬水がありますが、なぜこの様な違いが出るのでしょうか?
軟水とは水に溶けているミネラル分(主にカルシウムとマグネシウム)の量が1000ml中に100mg/l未満のものを軟水といい、100mg以上~300mg/lのものを中硬水、300mg/l以上のものを硬水と分類します。
日本が軟水が多いのは日本の土地に特長があります。

土地による水の硬度の違い

赤ちゃん

硬度は水の中に溶け込んでいるミネラルの量によって変わります。
海外のミネラルウォーターが硬度が高いのは、広大な土地で湧き水がゆっくりと時間をかけて流れてゆくのでミネラルも多く溶け込みます。
一方、日本は土地が狭い上に山が多く、降った雨が地下水となって海に流れるまでにあまり距離がない為、ミネラルが水に溶け込む時間があまりない為に硬度が低いのです。

関東と関西でも水の硬度は違う

赤ちゃん

日本でも地方によって水の硬度は変わってきます。
関東は関東平野というように平野部が多く比較的ゆっくりと水が流れるので硬度が高く、
関西は山野部が多いので硬度が低い傾向にあります。

硬度の違いがダシに出る!?

赤ちゃん

関東と関西の違いでポピュラーなのはうどんのダシではないでしょうか?
関西の透き通るダシに比べて関東のうどんだしは真っ黒というイメージがありませんか?
このダシの違いは江戸時代に北海道から大阪に西回り航路という日本海側を通って多くの昆布が流通して事に加えて、昆布ダシは軟水の方が濃くダシが取れる事で、関西では昆布ダシが広まり、関東では魚を使ったダシ(削り節)が広まりました、しかし関東のダシは魚の風味が強かったため、それを和らげる為に風味の強い濃い口醤油が多く使われた為、あの黒いうどんつゆが使われるようになりました。

先頭へ戻る