HOME > 人体と水の役割

人体と水の役割

水分イメージ

人体の約70%が水分で出来ています。
大人の体内でおよそ60%、赤ちゃんは80%が水分で出来ています。
なぜ人体にはそれほどの水分が必要なのでしょうか?

体内に溜まった老廃物を排除してくれる

男性イメージ

代謝は水のある環境下で行われる為、水を飲む事でスムーズな代謝が行われます。
特に尿は濃度が高いと有害物質が溶けきる事が出来ずに体内に残ってしまう為、水分摂取を行って、尿の濃度を意識的に下げることで、スムーズに毒素を排出する事が出来ます。

体温調節を行う

女性イメージ

汗をかく事によって起こる気化熱(汗が蒸発する事によって体の表面の熱を奪う現象)などの他にも、カキ氷や冷たい飲み物を飲む事によって体の内側からも体温を下げる事が出来ます。

他にも寒い日に温かい飲み物を飲む事で身体が温まるといった事も体温調節につながります。

栄養分の吸収

栄養分

あまりピンと来ないかもしれませんが、消化器官が栄養分を消化吸収するためには膨大な量の消化液が分泌されています。その量は1日で、胃液、約3リットル、胆汁・膵液、約1.5リットル、腸液、2.4リットル、合計7リットル近いこれ等の消化液は食事で摂取した水分ではなく、消化管から分泌されたものなのです。これらの消化液の働きによって栄養が吸収されるのです。

いかがでしたか?意外と知らない体内での水の働きをご紹介しました。 これらはジュースなどの添加されたものよりもただの水で補給するのが最も効率が良く体内に吸収されます。 朝起きてすぐや、就寝前など、水を飲む習慣を身につけて 身体の調子を整えるようにしましょう。

先頭へ戻る