HOME > 水道水から取り除きたい成分一覧

水道水から取り除きたい成分一覧

水道

水道水の中の危険物質?
日本の水道水は世界一安全と言われていますが、飲み水として使う場合は一度煮沸するか、ミネラルウォーターを買って飲む、浄水器を使うなど、そのままの水を使用する人は少なくなっています。
理由は「美味しくない」や「安全性に不安がある」などがあります。
では、現在の日本の水道水に含まれている成分で危険なものにはいったいどのようなものがあるのでしょうか?

塩素

プール

水道水に入っている誰しもが知っている成分です。
水を消毒する為に必要なもので、水道法で、1Lの水に対して0.1mg以上の塩素があるように定められています。
しかし、これは浄水場から最も遠い家で、最低0.1mgということで、当然浄水場から近い場所になればなるほど濃度も上がり、最も近い家では、1Lにつき1mgもの濃度になるそうです。
これは、一般的な湯船には200Lの水が入るのですが、そこに0.2gの塩素を入れたのと同じになり、プールの塩素濃度よりも高い値になります。

アルミニウム

蛇口

水道水にアルミニウムが含まれている事をあまり知らない人が多いかもしれません。
アルミニウムと言っても、金属がそのまま入っている訳ではないからです。
ではどの様なアルミニウムがなぜ入っているのか?
浄水場で水道原水中の細かいゴミや塵を沈殿させる工程がありますが、この時に沈殿を促進させる為に凝集剤が使われています。
この凝集剤として使われている薬品に硫化アルミニウムやポリ塩化アルミニウムといったアルミ成分が含まれています。
凝集剤を使うことによって、細かいゴミや塵はなくなりますが、液体化しているアルミニウムは水道水に残ります。
そしてアルミニウムを摂取し続けると、腎機能障害やアルツハイマー型認知症を引き起こしてしまう可能性があるのです。

トリハロメタン

試験管

これも最近よく聞く成分なのでご存知の方も多いかも知れません。
トリハロメタンは水を塩素で消毒する際に生まれる発がん性のある物質です。
またトリハロメタンは発ガン性があるだけでなく、流産、肝臓・腎臓障害なども引き起こす可能性がある物質とも言われています。

虫の混入

顕微鏡

いまから20年ほど前、埼玉県越生町で約1万4000人いる人口のうち、9000人近くの人が集団で下痢、腹痛を起こす被害が発生した。
原因は寄生性原虫クリプトスポリジウムが水道水に混入したことです。
このクリプトスポリジウムは浄水場の塩素消毒では死滅しない為この様な事件が起きた。
現在では浄水場でのこの様な問題は起こりにくくなってはいるが、マンションなどの場合は、建物の横や、屋上に設置されている貯水槽などに虫や藻などの混入の可能性が考えられる。

その他の水道管トラブル

錆びた蛇口

現在、水道局の努力により、そのほかの混入物というのは無くなり、東京都では東京水として売り出せるほど水道水は美味しくなったとPRしていますし、世界で見ても、水道水が安心して飲める国は30カ国も無いといわれています。
しかし、その安全な水が確保されているのも家の手前まで。
各家庭に供給される時に枝分かれする水道管の材質は鉛管やアスベスト管など、すでに使用禁止になっているものが全国に20%残っているといわれています。
鉛管の場合、言うまでも無く重金属である鉛が溶け出し、鉛中毒を引き起こします。
アスベスト管の場合は目には見えない微細な繊維が消化器系に刺さりガンを発症させる可能性があると言われています。
現在主流となっている、塩ビ管も環境ホルモンの心配があり、精子の減少や不妊症などを引き起こす可能性があると言われています。

先頭へ戻る