HOME > 水の種類いろいろ

販売されている水もいろいろ

ミネラルウォーター

現在日本で販売されているミネラルウォーターの種類は1000種類近くもの種類が販売されているそうです。 それらは採水地の違い以外にどのようなものがあるかご存知ですか? 「なんてどれも一緒」と一くくりに考えずに それらの違いを皆さんはしっかりと理解すると、味の違いの意味などもハッキリわかるようになってきます。

ミネラルウォーターの品名は4種類

ミネラルウォーター

お手元にミネラルウォーターのペットボトルがあればラベルを見てみると、品名(もしくは名称)の所になんと書かれているでしょうか?
ミネラルウォーターの種類は
・ナチュラルウォーター
・ナチュラルミネラルウォーター
・ミネラルウォーター
・ボトルドウォーター(もしくは飲用水)
と書かれているはずです。これらの違いはいったいどのように違うのでしょうか?

ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターとは

ミネラルウォーター

ナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターとは、 特定の水源から採水された地下水を原水として、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の科学的処理が行われていないものを差します。 ではナチュラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターの違いはと言うと 見てもお解かりの通り、ミネラルが含まれているかどうかの違いだけです。
ミネラルが溶け込んでいればナチュラルミネラルウォーターです。 しかしこの線引きの明確な規定は特になく、どこからがナチュラルウォーターでどこからがナチュラルミネラルウォーターなのかという判断は各販売元や製造者の判断というのが現状です。

ミネラルウォーターとは

水イメージ

ミネラルウォーターとはナチュラルミネラルウォーターを原水にはしていますが、 品質を安定させる為にミネラルを調整したり、原水を混合させるなど、 他にも上記で記した沈殿、濾過、加熱殺菌以外の科学的処理(エアレーションによって水中の微生物有機物の分解を促進させ浄化させる方法など)を行っているものをミネラルウォーターと表示しています。
文字通り、人工的に調整しているために「ナチュラルではない」ミネラルウォーターということですね。

ボトルドウォーターとは

水イメージ

上記までの3種類と違い、ボトルドウォーターの特徴は原水が地下水ではないものも含まれるという点です。 つまり、「蒸留水」や「水道水」「RO水」などもこのボトルドウォーターにカテゴライズされます。
これらは、ナチュラルウォーターでは許可されていない殺菌方法や処理が出来る為、 逆浸透膜によって不純物を限界まで取り除いたピュアウォーターになるまで水を磨くことが可能になります。

機能水とは

ボトルドウォーターに分類されるものの中には、「機能水」と言われる水そのものに水以外の効果を付加したものもあります。主に販売されているものは以下のものです。

アルカリイオン水
アルカリ性電解水の通称で「活性水素水」と分類するものもあるこれらは水素水と呼ばれる。
海洋深層水
海面から200m以上の深度で採られた水で、太陽光が届かず、表層の海水を混ざらない深さの水は細菌も少なく人体に必要なミネラルや栄養分が豊富に含まれており、これらを脱塩処理等したものです。

そのほかにも、水として販売されている商品がありますが、 その場合は「清涼飲料水」や「炭酸飲料」と表記されています。 これから水を購入する時やお気に入りの水はどの種類なのか注意してみては?

先頭へ戻る