HOME > 節水について考えよう

節水について考えよう

滝

日本は水が豊富にあるの?

蛇口をひねるとキレイな水がいくらでも出てくるイメージのある日本ですが水は本当に豊富に有るのでしょうか?

じつは毎年夏になると取水制限などが取り上げられる事からもわかるように、日本はそれほど水に恵まれた国ではないのです。
日本は多雨地域に位置しており、梅雨などからもわかるように年間の降水量だけをみると世界平均の2倍という量があるのですが、国土面積の割りに人口密度が高く、人地当たりの降水量で考えた場合は世界平均の1/3しかない事になるのです。
日本は決して水資源が豊かな国とはいえないのです。
しかし、水の一人当たりの消費量は世界2位と大変消費量が激しいのです。

私たちが一日に使う水の使用量はどれくらい?

バケツ

一日につき一人が家庭で消費する水の量は東京都の場合平均で約241ℓになります。
その内訳は、一番多いのがトイレで28%、次にお風呂で24%、炊事23%、洗濯16%、残りの9%が洗顔や手洗いなどとなっています。
これは家庭で消費する量であり、外出時に使用する水量をあわせると1日で300ℓを超えると言われています。

どのように節水すればいいのでしょうか?

女性イメージ3

一日の水の使用量を300ℓと仮定すると、一日に2ℓペットボトルを150本分の水が使用されている計算になります。
例えば、洗顔や歯磨きの時など洗面台の水を1分間出しっぱなしにすると12ℓの水が使用されています、これだけでペットボトル6本分も使用されているのです。
水を出しっぱなしにしない、お風呂の水を洗濯に使用するなどすることで身近な所から節水が可能です。

先頭へ戻る