HOME > 生活の中に潜む水の豆知識4

生活の中に潜む水の豆知識4

飲み物

アルカリ性の飲み物を取ろう
お茶やコーヒーなど飲み物はほとんどの物が酸性の飲み物です。
しかし人の身体は弱アルカリ性ですので、酸性のものばかり飲んでしまうとエネルギーの分解が鈍くなり、中性脂肪や糖などが溜まる原因にもなります。
アルカリ性の飲み物としては野菜ジュースや豆乳、牛乳などもアルカリ性の飲み物です。ですがこれらを常に摂取するのは大変です。
水も実は弱アルカリ性です。水ならばカロリーもありませんし手軽に飲む事ができます。

いい汗をかこう

運動後水を飲む

最近ではあまり汗をかけない子供が増えているそうです。
原因は乳幼児期にあまり汗をかかなかったことによる体温調節機能の低下なのだそうです。
いい汗をかくには水分補給を行いながら運動して汗をかくことを習慣づけることが大事です。
大人も体内が水分不足であったり、運動不足、不摂生をしているとねばついた汗をかくようになります。
ねばついた汗は臭いが強く不快感も大きいです。

汗をかきたくないからと水分を取らないとこの様な汗になります。
しっかり水分補給して運動する事でサラサラの汗をかくようにしましょう。
この時ジュースなどで水分補給しては意味がありません。
身体の代謝を整える水が適しています。
激しい運動などで汗を大量にかいた時などはナトリウム不足になりますのでスポーツドリンクなどで補充するようにしましょう。

水でうがいする事が虫歯予防になる?

虫歯

虫歯の原因は砂糖などの甘いものの食べすぎや歯磨きをしない事が挙げられます。これは口内の虫歯菌が糖などを酸に変えて歯を溶かす事が原因になのです。
そう、口内が酸性になれば虫歯になりやすいのです。
ですからもっとも簡単な虫歯予防としては、酸性に偏った口内をアルカリ性にすればいいのです。
水は弱アルカリ性のため、食後にうがいや口をゆすぐ、水を飲むなどを行えば簡単な虫歯予防が出来るのです。

先頭へ戻る