HOME > 赤ちゃんはいつから水道水が飲めるの

赤ちゃんはいつから水道水が飲めるの?

赤ちゃん

赤ちゃんはなぜ下痢をしやすいのか?
赤ちゃんの便は普段から柔らかめなので下痢と違いはわかりにくいです。 風邪をひいたときや胃腸炎に罹った時などがほとんどなのですが、 中にはミネラルウォーターを使用したことによる下痢というのもあります。 産婦人科などで、指導を受けることなのですが、硬度が高めのミネラルウォーターはまだ消化器官が未発達な赤ちゃんには吸収しきれない事があります。
日本で市販されている粉ミルクなどは、水道水で作るのに適したミネラルを基準に作られているのでそれ以上のミネラルを含む水で作ると下痢してしまいます。

生まれた直後は危険なの?

哺乳瓶

水道水は厳しい審査基準をクリアして運ばれてきていますので、今の時代では水道水をそのまま飲むのが危険といった考え方は一昔前の人の考え方だと思います。
しかし、残留塩素がアトピーの原因ではないか?という実験結果もあり、 あまり早い時期から水道水をそのまま飲ませるのはよくないようです。
飲ませるのであれば免疫が出来てきだした1歳以降がいいのではないでしょうか。

水道水、よく湯冷ましを使うのはなぜ?

水道

赤ちゃんのミルクは75℃以上に熱した水を人肌まで冷まして与えるのが通常ですが、
なぜこのような必要が有るのでしょうか? これは昔の名残で、まだ水道事情がよくなかった時代に水に含まれる雑菌を熱消毒する為に行われた名残が残っているといえます。
今では優秀な浄水器が出ていますので、塩素はもちろん雑菌なども取り除いてくれるのでそのまま使用しても問題ありません。

先頭へ戻る