HOME > 飲料水についての豆知識

水をより美味しく飲む方法

女性イメージ

ただの水、されど水
お茶やコーヒー、ジュースなどの方が美味しい。
しかし、水を飲むことで健康的になる事も実証されています。
ならばせめて少しでも美味しく飲む為の工夫をご紹介します。

温度で味が変わる

グラス

ノドが乾いている時はキンキンに冷えた飲み物はなんでも美味しく感じるものです。
しかし水の最も美味しく感じる温度は13℃なのです。
これ位の温度から人はカルキ臭さなどを感じにくくなるそうです。
またお湯の場合は70℃程度が美味しく感じるのだそうです。

他にも水に入れて美味しくなるもの

レモン水

ラーメン屋さんや喫茶店などでも見かけますが炭やレモンを入れるのも効果があります。
これは炭の吸着成分で塩素を抜いたり、レモンのビタミンCで塩素を中和したりしているためです。
これだけでも風味が断然変わりますよね。
他にも一度煮沸するだけでも塩素が抜けます。

なんともっとお手軽な方法が

水イメージ

もっとも水を簡単に美味しくする方法があります。
それはただ振るだけといったもの。
これはカルキの成分はとても壊れやすい為に振ることでカルキ臭や味が和らぐといったもの。
他にもカクテルを作る時に振るのも、均等に混ぜる為、早く冷やす為ともう一つ、空気を混ぜ合わせる事で味をまろやかにする作用がある為なのだそう。
簡単にできるので一度試してみては?

先頭へ戻る