HOME > よくあるご質問3

水道水には残留塩素が含まれていますが、水道水をろ過せず使用した場合どんな影響がありますか?また、塩素を取り除くことで得られるメリットはどのようなものがあるでしょうか。
塩素はたんぱく質や細胞組織を破壊してしまう作用があるので、そのまま炒飯に使用した場合お米の味の質が落ちてしまいます。浄水器でろ過した水を炒飯で使うと、まろやかで優しい味のごはんに仕上げることができるのはこのためです。
私達が普段飲むことのできる飲料水には、主に浄水器によってろ過させた水と、店舗で販売されているミネラルウォーターの2種類がありますが、これらの飲料水の違いとは何でしょうか。
浄水器を使用してろ過した水は、水道水に含まれる残留塩素やカルキ臭が備え付けのフィルターによって取り除かれた水のことを示します。ミネラルウォーターは、自然界の地下水や湧き水を殺菌処理した上で販売されいる飲料水です。
ピッチャー型を使用していますが、せっかく水道水をろ過しても思っていたより早いペースで水がなくなってしまいます。何度もろ過する作業をするのは正直なところなので、一度のろ過で水を多めに作り置きしておくことはできますか。
ろ過された水は残留塩素が取り除かれているので、殺菌作用がなくなっています。つまり長い間使用せずにいると、冷やしていたとしても雑菌が増えてしまい、暑い時期は食中毒などの原因になりかねません。一週間以内を目安に使い切れる量をろ過することをオススメします。
アルカリイオン水を作ることができるという浄水器が発売されているのを見かけて以来、アルカリイオン水が気になっています。オススメのアルカリイオン水の使い道はどんな方法がありますか。
アルカリイオン水とは、飲用水を電気分解することによって生成できる弱アルカリ性の水です。胃腸の調子を整えることがよく挙げられますが、その他にも洗顔や掃除などの様々な用途があります。
市販の浄水器はキッチン用の商品をよく見かけるのですが、中にはお風呂場で使用するシャワー型の商品もありますよね。これらの浄水器には、それぞれどのような性能の違いがあるのでしょうか。
キッチン用の浄水器は、不純物のろ過に加えておいしい水に仕上げる機能を持ち合わせるなど、飲み水や料理での使用に特化した商品が多く揃っています。そしてお風呂場用の商品となると、肌や髪に触れることに配慮していることはもちろん、大量の水をろ過できる高い浄水機能も備わっています。
先頭へ戻る