HOME > 健康になる為の水

健康になる為の水

女性イメージ

疲れ知らずの身体になるための水のみ健康法
昔から言われている、水を一日2L飲むという健康法ですが、正しい水の飲み方を知っていますか?
「たかだか水を飲むのに方法なんかあるのか?」そう思う方もいるかもしれません。ですが正しい水補給というのがあり、しっかりと把握できれば病気や老化のリスクを下げる事ができるのです。

水のみ健康法のメリット

浄水イメージ1

飲水健康法でのメリットは、
1. 整腸作用を促し便秘を解消し、美肌になる。
2. 老廃物を排泄し、むくみにくく疲れにくい身体になる。
3. 動脈硬化を予防する。
4. 肥満防止になる。
5. 解毒作用を促進する。
身体に水を補給する事で血液の粘度を下げ、体内の毒素を薄め、尿として排出することで、これだけのメリットがあります。

正しい水の飲み方

野菜

ただしい水の飲み方として、水分を摂れば良いと勘違いしてしまうことがあります。
お茶やコーヒーではなく飲むものは【水】であることが重要です。
そして、沢山飲まなければいけないと思って無理して飲む人もいますが、それも間違いです。
一度に大量の水を摂取する事は大量の排泄を一気にする必要があり、筋肉疲労が起こったり、水中毒の症状を引き起こす原因になります。正しい水の補給の仕方は「1時間おきに一口程度生水を飲む」という事です。
これによってドロドロの血液をサラサラにし、体内に溜まっている毒素も薄め、肝臓や腎臓への負担を軽減しながら尿として排泄する事ができるのです。
(生水とは熱を通していない水の事で、市販されているミネラルウォーターなどは加熱殺菌されている為この方法は向いていません、水道水や浄水器での水が最適です。)

こんな症状がでたら注意してください。

浄水イメージ2

お腹がチャプチャプになる場合は水の摂りすぎです。排尿の頻度が上がってきた場合は血液の浄化作用が上手く働いている証拠です。我慢せずにトイレへ行ってください。
最初は沢山飲めなくても身体の循環機能が上がってくれば苦も無く飲めるようになります。最初から無理せずに初めてください。

先頭へ戻る