HOME > 浄水器とウォーターサーバーを比較(オフィス編)

浄水器とウォーターサーバーを比較(オフィス編)

オフィスで浄水器を使用する場合のウォーターサーバーと違うポイントとは何でしょうか?

ウォーターサーバーは気軽に冷水に加えて温水も飲める便利なものですが、新しく水を補充する度に重いボトルを運ぶ必要があるだけでなく、サーバー本体に加えて未使用もしくは使用後のボトルの置き場所も確保しなければなりません。

そのため水を飲むまでには相当な労力が必要になります。
これらの作業を業務の傍ら毎回行うのはきついと感じている方も多くいらっしゃいます。

それが浄水器を使用するとなれば、ウォーターサーバーよりも手軽に水を飲めるのです。給湯室にある水道水を飲み水にすることができるので、ウォーターサーバーを使用する際の水代はもちろん、ボトルに関する労力も必要ありません。

そして水道水は好きな量だけ使用できるということから、今あるボトルの水の残量を気にしなくても良いだけでなく、水を配達してもらうための注文の手間も省けます。
そのためコストがかからないだけでなく、空のボトルが出ないため環境にも優しいのです。

オフィスイメージ1

比較的コンパクトなサイズの商品が多い「浄水器」

オフィスイメージ2

浄水器は比較的コンパクトなサイズの商品が多いため、設置のために必要なスペースが少なく済むだけでなく、蛇口につけるタイプやポット型など様々な種類があるので、使用目的や設置条件に合わせて選べます。

オフィスに置いておく以外にも、仕事の合間の気分転換や水分補給に便利なタンブラー型の浄水器もおすすめです。
給湯室の水道水を入れた後、タンブラーを振るだけで飲料水ができあがるという手軽さが魅力的です。
つまり水の重さの負担を減らすこともできるので、通勤時の荷物の重みの解消にもつながります。

衛生面について

衛生面イメージ

衛生面についてですが、ウォーターサーバーは細かいパーツもあることから、定期的に専門的なメンテナンスを行う必要があります。
浄水器の場合はまめなフィルター交換が必要になりますが、本体がコンパクトな分お手入れを行いやすいでしょう。
様々な商品の特徴を比較してみて、オフィスで使いやすい浄水器を選んで下さい。

先頭へ戻る