HOME > 水不足にご注意!

夏だけではなく、冬にも水分補給を!

水イメージ

夏は熱中症という言葉もあるように、水分補給が必要と言われていますが、冬にも意外と身体は水分を欲しているのです。
乾燥している上に寒いので水分を取る量の減る冬にも水分補給が必要なのです。

どうして冬にも水分補給が必要なの?

冬景色

冬は夏と違って水をがぶがぶ飲むような事がありません、しかし空気が乾燥しているために知らず知らずのうちに身体から水分が蒸発しています。 また夏の食べ物は水分が多いのに対して、冬の食べ物は水分が少ない事もあり、どうしても冬は体内の水分が少なくなってしまいます。
また、厚着や暖房によって冬でも汗をかく機会も多く、更に気温が低くなる事でトイレに行く回数が増えるなど 水分補給する機会が減るのに対して、身体から水分が失われる機会は意外と多いのです。

体内の水分が減るとどうなるの?

人体イメージ

人体は60~70%が水分で出来ていて、これらの働きは血液として体内へ栄養をめぐらせ、リンパ液などが老廃物の排泄を促し、汗なのによって体温を調節するなど、生きていくために必要な機能から。
肌細胞の中にも存在し、しっとりと潤いとハリのあるお肌にも水分は必要不可欠です。 この水分量が減ると、肌はカサカサになり、血液などは水分が減り、ドロっとした血液になり、血管が詰まりやすくなる原因にもなってしまいます。

水分が欠乏すると現れる症状

症状イメージ

欠乏率 見られる症状
1% のどが渇く
2% 強いのどの渇き、ぼんやりする、食欲減退
4% 疲労、吐き気、動きが鈍くなる、感情が不安定になる
6% 手足の震え、頭痛、体温上昇、脈拍・呼吸数が上がる
10% 失神、舌の膨張、痙攣、血液濃縮、腎機能不全
15% 皮膚がしなびれる、皮膚の感覚が鈍る、舌がしびれる、目の前が暗くなる
20% 生命の危機

水分の欠乏率1%体重60kgの人でもたったの360cc 、冬でものどが渇いたなと思ったらこれだけの水分が必要になります。 また、お酒でのどの渇きを潤すのも問題アリで、 ビール1Lにつき体内から1.1Lの水分が尿として出てしまうのです。
水分補給は水やお茶などで、アルコールを摂取する時も水などを間に挟んで水分不足にならないようにしましょう。

先頭へ戻る